当協会ブログ

全記事

大好評!テーブルマナー実践講座
2017.11.20

皆さま、ごきげんよう。

たいへんご無沙汰ぶりのの更新となり、いつの間にか、季節も冬に変わりました。お元気でいらっしゃいますでしょうか。

さて、先日、恵比寿にございます「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」http://www.robuchon.jp/joelrobuchonsalon

にて、テーブルマナー実践講座を開催いたしました。

IMG_0798.JPG

早い時ですと30分、遅くても1日で満席になる人気講座の一つでございます。

実践講座で、わたくしが大切にいたしておりますのは、優雅で心豊かになる食事時間を体感していただくことです。

勿論、そこには、個々の「美しい食べ方」のスキルも必要ですが、

ご自身が美しく見えるだけのテーブルマナーには重きを置いておりません。

ご自身が美しく見えるだけのものは、本物のマナーとはいいがたいからです。

「レストラン」という言葉の由来をご存知でしょうか。

由来を知りますと、存分に、お料理を楽しみ、心地よいサービスを受けて、

テーブルを囲む皆さまと豊かなお時間を過ごすことの意義をご理解いただけることと存じます。

一つひとつの言葉の由来や意味を知ることで、学びというのは深まってまいります。

と同時に、自然とその場に合ったマナーができているようになるものです。

型から入る方、心から入る方、人それぞれですが、物事の根本、本質が分かりますと、

人というのは、TPОに合った振る舞いができるようになるものです。

それだけ、物事の本質を知ることが大切だということです。

何はともあれ、豊かな食事のお時間を過ごすことは、豊かな人生に繋がってまいります。

毎日のお食事は栄養を摂取するだけであっても、年に数回はこのような時間を設けることができるとよいですね。

メリハリを大事にしたいものでございます。

IMG_0808.JPG

ご受講くださった方からは、「心豊かな時間を体験でき有意義でした」

「優雅で美味しく楽しい時間を過ごすことができ幸せでした」などなど、ご感想をいただき、

当協会の想いが伝わったことを嬉しく思いました。

船田のアメーバーブログにも少し記事にいたしましたので、ご覧いただけますと幸いに存じます。
https://ameblo.jp/castleton/entry-12325941955.html

ロブションのメートルドテルの方をはじめ、スタッフの皆さま全員が、終始、講座の流れや内容を

さりげなく細やかにご覧くださり、瞬時にサービスの判断をしてくださったお陰で、

時間や空間の流れがスマートで、お料理もベストのタイミングでサーブしてくださり、
本当に有難く思いました。
ご受講くださいました皆さま、お世話になりましたロブションスタッフの皆さま、
誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
http://www.protocol-manner.com/
ビジネスマナー1day講座につきまして
2017.09.15

皆さま、ごきげんよう。

日本プロトコール・マナー協会の事務局でございます。

当校のレッスンの中で、プライベートレッスンとして人気がございますのが

「ビジネスマナー1day」講座です。

10月いっぱいまですべての日程におきましてご予約を頂戴いたしております。

お待たせをすることになり大変申し訳ございませんが、
ビジネスマナー1dayプライベートレッスンをご希望の方は、
11月以降の日程でご相談くださいませ。

1day講座ですから、正味たった5時間の講座でございますが、

受講生の多くの方が、目に見える成果を感じてくださっています。

有難いことに、素晴らしいご報告を頂戴しております。

■就職の面接のために受講いたしましたが、自信をもって面接に臨むことができ、合格いたしました!

社長からも、マナーが素晴らしいと褒められました。


■社内にもビジネスマナーをお伝えしていきたいと思っておりましたが、

朝礼の時にミニマナー講座をしていくことが決まり、準備をはじめました。

一日の受講でしたが、大きなステップとなりました。


■たくさんのマナーの書籍を読みましたが、本で読んだことがない情報や知識も沢山得られ、

まさに目から鱗の講義でした。etc....

単なるハウツーとしてではなく、応用が利くように、その理由を解説し、

細かなスキル指導も行っております。

ビジネスでありましても、結局は人と人とのお付き合いですから、

お相手のことを想う心の表現としてお伝えしております。

何事も、「お相手ありき」です。そのことを念頭に置きますと、

マナーという大げさに聞こえる言葉も、特別なものではなく当たり前のこととして

捉えることができるのではないでしょうか。

DSC01336.JPG

日本プロトコール・マナー協会

オフィシャルサイト

http://www.protocol-manner.com/

2017年度春期生徒募集を開始いたします
2017.04.12

皆様、ごきげんよう。

お待たせをしております、プロトコール・エレガンスコースの

新規生徒さまの一般募集を開始いたしました。

http://www.protocol-manner.com/

 

マナーと一口に申しましても、様々な種類がございます。


その中でも、当校は「プロトコール」という、

世界に通じる最も美しいとされているマナーを軸に

カリキュラムを作成し、お伝えしております。

http://www.protocol-manner.com/aboutus/


プロトコールも、その他のマナーも、

「お相手を思いやる心」という軸は変わりないことです。


しかし、その想いをどのように表現するかという

表現の仕方に違いが出てまいります。


折角、マナーを学ぶのでしたら、世界に通じる

最も美しいマナーを学ぶことは、応用が利きやすくなりますし、

自信をもって振る舞うことができるようになります。


「人品卑しからざること」という、昔から語られている

言葉がございます。


こちらは、その人の人柄が上品であることを指し、

上品さというのは、幼少の頃の躾とその後の努力で

身につけられるものということを意味します。


「品」は、わたくしが大切に考えている要素の一つなのですが

ご自身を価値ある人間として表現できるファクターの一つでもございます。


逆を申しますと、「品」がなければ、ご自身を安売りしてしまうことになってしまうのです・・・


しかし、この年齢になってからでは無理ということではございません。

もし、今まで「品」という意味で反省の多い言動をされていた方でも、

努力次第で何とかなるものでもあるのです。

決して、ハードルが高いものではないのです。


「品」を身につけることは、自分の価値を高め

チャンスを手にする為の手段の一つです。

 

プロトコールやマナーを学ぶことは、

マナーを身に付けるだけではなく、

「品」も身につけることができる、

素晴らしいことなのです。

そして、人間として生まれてきたからには、

やはり自分の価値を最大限に表現し、

認められ、自分を生かした活躍、人生を手に入れたいですよね?


わたくしの指導法の一つとして、お一人おひとりの

長所を見つけ、それをいかに活かしながら

マナーと結びつけていくかということを大切にしております。


マナーは、ハウツーだけを覚えても、あまり意味がございません・・・


それをご自身のものとして使いこなすためには、

ご自身の良さを知り、自分らしい表現方法を見つけることにあります。


ですから、当教室の生徒さんたちは

知らないうちに自信を持てるようになる方が多いです。


実際に、当教室の生徒さんから、特に最近、

素晴らしいご報告を毎日のようにいただいておりますように、

成果を出していらっしゃる方が多いのです。


これから、もっとご自身を心から磨き、様々なチャンスを掴みたい、

可能性を最大限に発揮したいという方、

あるいは、自信を持ちたいという方に、

特にお勧めでございます。

 

今までよりも視野が広がり、人生をもっと愉しめる

ようになること間違いないです!


何故なら、わたくしが、そのことを体感しておりますので、

よりリアルに皆様にお伝えすることができるのです。


視野が変わった!見える世界が変わった!

自分が変わった!周りも変わった!

本当にすごいすごい変化でございました^^

そして、人生改革でございました。


皆様も、絶対に、何かしらの変化があるはずです!

レッスン詳細は、下記でございます。

http://www.protocol-manner.com/schedule/


お申込みは下記です。

https://protocol-manner.sakura.ne.jp/contact/

(サロン形式の横浜校)

DSC05116.JPG

(スクール形式南青山校でのレッスン風景)

DSC04724.JPG

各教室、少人数ですので、

おひとりおひとりにアドバイスを行なっております。

ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。
是非、お待ち申し上げております。

なお、プロトコール・アドバイザーコースとインストラクターコースは、

満席となりましたため、募集を締め切りました。


日本プロトコール・マナー協会

マナーサロンキャッスルトン

オフィシャルサイト

http://www.protocol-manner.com/

< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8

▲ページの先頭へ