当協会ブログ

全記事

専門学校でのテーブルマナー研修
2017.04.08

皆さま、ごきげんよう。

日本プロトコール・マナー協会事務局でございます。

年度末にご依頼いただきました専門学校さまでの

テーブルマナー研修のレポートです。

時々記載しておりますが、当協会で人気の講座の一つが

テーブルマナーをはじめとするプロトコール研修です。

このたびは、専門学校様からのご依頼の主旨を考慮し、

ハウツーに徹して指導いたしました。

20170222_0494.jpg

1年生は、西洋料理のテーブルマナーについて。

研修の前に、フラワー学科の生徒さんたちは、ご自身たちでテーブルフラワーの

アレンジメントを制作。

20170222_0113.jpg

それらを飾ったテーブルで、マナー研修が行われました。

20170222_0341.jpg

ご自身たちで制作したものが、実際にどのように飾られどのように見えるのか、

そして、どのようなことに気を付けることが必要なのか、実践を通して感じたことと存じます。

フラワーの制作、そしてホテル内の見学をした後に、テーブルマナー研修が行われました。

はじめの30分、船田からの講義です。

20170222_0548.jpg

そして、実際にお料理を頂きながら、手技の確認です。

各テーブルを回り、船田が一人ひとりにアドバイスいたしました。

20170222_0639.jpg20170222_0753.jpg

皆さま、エレガントに召し上がっていらっしゃいました。

お食事のシーンでどのように振る舞うかは、ご自身の評価にもかかわりますので、

とても大切です。周囲に気遣いしながらも美しく楽しくお食事のシーンを過ごすために

お役立ていただけましたら幸いに存じます。

そして、2年生は日本料理の食卓作法の研修を行いました。

DSC06065.JPG

殆どの日本人の方が、一日1回はお箸を使っていただいているためか、

日本料理の食卓作法の必要性を感じる方が少ないのが現状です。

現代人は、カトラリーよりもお箸の使い方をはじめ、

日本料理の頂き方を知らない人のほうが圧倒的に多いですし、

日本の礼儀作法は食事の躾から成り立っていることも多々ございますので、

このたびの研修は、とても意義のあることだと思っております。

受講できた学生さんたちは、今後の人生に必ずプラスになることと存じます。

IMG_2288.JPGIMG_2293.JPGIMG_2335.JPG

卒業された学生さんから、とても嬉しいメールが届きましたので、

以下、抜粋してご紹介いたします。

「自分の知らないことを勉強して知識をつけたい、
その思いで学校に入学を決めました。
この学校なら、自分の知らないことを深くまで掘り下げて勉強できると思いました。
そう思えたのは、船田先生の体験授業を受けたからです。

先生の知識量は豊富で、先生自身がすごく勉強熱心でマナーの歴史の奥深くまで知り尽くしていらっしゃるからこそ、

質の高い授業ができるのだと感じました。
船田先生の授業を受けられるだけでも、この学校に入る価値があると思い入学しました。

実際に入学して、授業はとても楽しかったです。
自分の知らないこと、今まで気にしてなかったことも、こんな意味があったのか!と。
先生のテキストは、他のどの教科のプリントより私の書き込みで埋め尽くされています。
先生自身とてもお忙しいのに、私のことをいつも気にかけてくださって、すごく嬉しかったです。
船田先生には感謝してもしきれません。

2年間、本当にありがとうございました」

2年間の授業の様子が、走馬灯のように思い出されます。

頑張って学ばれた学生さんたちに、エールを送ります。

2年間の学びが、社会生活の役に立ち、心身ともに豊かな人生となりますよう、

心から願っております。

お陰様で10周年記念パーティーを盛況に終えました(動画あり)
2017.02.27
日本プロトコール・マナー協会事務局の植田でございます。

先日、「開業10周年記念パーティー」を行いました。
ご出席くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

「未だ、興奮冷めやらないです」
「夢見心地です」
「楽しいひと時を毎日思い出します」

など、ご出席くださいました方々から船田のもとに多くのお手紙やメールが届くほど、
盛況のパーティーでございました。
そんな皆様方のご様子を拝見いたしまして、準備してまいりましたスタッフといたしましても
とても喜ばしいパーティーとなりました。

DSC06000.JPG

これからも引き続き日本プロトコール・マナー協会をよろしくお願い申し上げます。

DSC06014.JPG

映像のダイジェスト版のショートバージョンを、下記からご覧いただくことができます。

また、パーティーの詳しい様子は船田がブログにてレポートしておりますので、
ぜひ御覧ください。
IMG_6466.JPG

パーティーレポート1
「コーリング」での入場と船田による「マナーは愛」をテーマにした開宴の挨拶の様子など
http://ameblo.jp/castleton/entry-12244082684.html

パーティーレポート2
協会認定インストラクター・アドバイザーのご紹介の様子など
http://ameblo.jp/castleton/entry-12244230171.html

パーティーレポート3
声楽家によるミニコンサートやご祝辞の様子など
http://ameblo.jp/castleton/entry-12244623835.html

パーティーレポート4 番外編
余興のクイズのご様子や裏方の様子など
http://ameblo.jp/castleton/entry-12245327290.html
感謝ばかりのキャッスルトン10周年
2016.10.28

皆さま、ごきげんよう。

日本プロトコール・マナー協会の船田でございます。

 

 先日、10月25日は、わたくしが開業してから丸十年。

10周年記念日でございました。

 

2006年10月25日にプロトコールの横浜の第一人者として、

マナーサロンキャッスルトンを開業いたしました。

その後、プロトコール・マナー協会設立を経て、現在、

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会に至っております。

 

起業してからのこの10年は、あっという間でございまして、

本当に濃密な毎日を送っておりました。

特に、協会を設立してからは、ほとんど休暇を取ることができないほどでございます。

年間、約300コマ、講座や研修を行っております。

この仕事だからできる、経験をたくさんさせていただきました。

 

起業したてのときは、何をどのようにすれば良いのかわからない状況でした。

でも、当たり前ですが、仕事として人に伝えるためにまずは自分を知ってもらう

必要がございます。

ですから、SNSをはじめ、情報の発信をいたしましたら、

有難いことにご縁が繋がっていきました。

今では、初対面での印象が「よいご縁を沢山もっていそうなお顔ですね」

とまで言われるほどに(苦笑)

今ある弊社は、ご受講くださった生徒さまや企業さま、

仕事関係者の皆様のおかげでございます。

毎日・毎日、生徒さまや企業さまにはたくさんの経験をさせていただきました。

いつもブログで記載しておりますように、今ある自分や会社は、

自分が頑張ったからだけではなく、人さまのお力、ご協力のお陰です。

何かあったその時は、負の力として働いてしまう出来事があったとしても、

その経験の結果として、必ず、自分が成長しているものなのです。

良いも悪いも、そんなたくさんの経験をさせていただいて

今のわたくし、今の弊社があるのです。感謝の限りでございます。

 

わたくしは、「いつもテンション高く、元気で、楽しそうでいいですね」と、

言われますが、決してお気楽に生きているわけではございません。

楽しく見える分の倍以上、悲しいこと、辛いことがございました。

しかしながら、この仕事を嫌いにならず続けてこられましたのは、

やはり、支えてくださる生徒の皆さま、関係企業さまがいてくださったからです。

不思議と、八方ふさがりのようなときに、解決するような

お話をしてくださる生徒さんもいて、助けられました。

開業した10年前からずっとお付き合いのある生徒さまもいらっしゃいます。

その生徒さま達から、いつもいただく嬉しいお言葉。

「船田三和子ファンクラブ1号です」と。

冗談交じりに仰ってくださり、ご卒業された今も、よいお付き合いをさせていただいております。

10年間の成長もある分、歳も取っているわけで・・・・

身体が決して丈夫ではないわたくしですので、体調管理には気をつけなければと

思う毎日でございます。

と同時に、早く、後継者を育てたいという想いでいっぱいでございます。

 

何はともあれ、10年を通して一番思いますことは、

「他者の存在、ご縁というのは、どれほどありがたいか」ということです。

もともとは、人付き合いが苦手だったわたくしは、

この仕事を選択していなかったら、思いもしなかったことだと思います。

人とのご縁のありがたさを噛みしめ、これからも大切にしてゆきたいと思います。

はじめの一歩がなければ始まりません。

ですが、はじめの一歩を踏み出したからと言って、

成功に至るわけでもございません。

一から十を目指すのではなく、段階を踏んで

一歩ずつ歩いて行けるとよいと思っております。

焦らず、着実に・・・・

 

わたくしの経験から申し上げることができますのは、

はじめの一歩を踏み出す勇気を持ち、その一歩を踏み出した後には、

続けていくことが大切だということです。

歩みのスピードは気になさらなくてよいと思います。

一歩を踏み出し、真摯に歩み続けると、辛い種であっても、悲しい種であっても、

喜びや幸せのの芽が出ることが可能だということが分かりました。

何ごとも、急に大きなことを望むのではなく、

細く長く歩んでいきたいものですね。

決して、無理して喜び・幸せの種ばかりを選んで

撒こうとしないでいただけたらと思います。

そのようなことはしなくとも、思いやりの心をもって生活していきますと、

よい芽が出ることでしょう。

無理なく、自分らしく・・・・

 

10年間、見守り成長させてくださいました皆さま、お世話になった皆さま、

ご受講くださいました皆さま、研修依頼や取材依頼をくださいました皆さま、

本当にありがとうございます。

言葉では表現できないほど、感謝いたしております。

どなたが欠けても今の弊社、今のわたくしはなかったと思います。

今、お付き合いがある無し関係なく、出逢いがあった皆さまに

心から感謝の気持ちを申し上げます。

11月上旬まで、改めてご挨拶状をお送りいたします。

お手元に届きますまで、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

 

そして、来年になってしまいますが、感謝の気持ちを込めて記念パーティーを

開催する予定でございます。

楽しみにお待ちくださいませ。

 

下記のお写真は、3周年記念パーティーの様子でございます。

あれから、7年も経過したのですね・・・

DSCF3362.JPGこれからも、何とぞよろしくお願い申し上げます。

日本プロトコール・マナー協会

オフィシャルサイト

http://www.protocol-manner.com

船田監修 株式会社デザインフィルさま

手紙の書き方サイト

http://www.midori-japan.co.jp/letter/

 

< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8

▲ページの先頭へ